不登校でも大丈夫!家庭教師で心に寄り添う学習支援

さまざまな理由で不登校やひきこもりの状態になってしまった場合、保護者の方にとっては学習の遅れも大きな心配事となります。そんな時に、大きな助けとなるのが「家庭教師」の存在です。

家庭教師は生徒の自宅を訪問して、一対一で学習指導を行います。そのため、不登校のお子さんにとって大きなハードルとなる外出を避けることが可能です。学校などの友人と顔を合わせずに自宅で授業を受けられるというのは、大きな安心材料となります。

 

不登校時に家庭教師を検討するメリット

不登校やひきこもりの状態にあるお子さんにとって、家庭教師は非常に相性がいい組み合わせです。家庭教師の存在は学習の遅れなどの悩みをクリアにするだけでなく、さまざまなメリットがあります。

 

子どもの状態に合わせた学習支援が受けられる

家庭教師は成績を上げる、もしくは受験に備えるための学習指導をイメージされるかもしれません。ですが、近年は不登校や引きこもり増加に伴う学び方の多様化に伴い、勉強に対するモチベーション維持やスケジューリング、疑問点があった場合の解決方法、目標の立て方なども実践的に指導する家庭教師が増加しています。

また、学校や塾とは違い、家庭教師はつねにそばにいて、子どもの学習に寄り添う存在ではありません。週に一回、二回と指導日が決まっていて、その日に授業を受ける形となります。だからこそ、子どもが自分一人で勉強を進めるために必要なスキルも含めて、指導をしてくれるのです。

保護者にとっては難しい問題集やテキスト選びも、家庭教師のアドバイスを受けることが可能です。勉強嫌いになってしまったお子さんも、家族や学校以外の第三者的立場である家庭教師からの指導を受けることで、改めて学ぶ楽しさに気づくチャンスを得ることができます。

 

センシティブな時期だからこそ、相性重視で

不登校やひきこもりという状態だからこそ、家庭教師との相性は非常に重要です。たとえば「この先生は苦手」と感じたとしても、学校の担任の先生や塾のクラス担当の先生を簡単に変えることはできません。ですが、家庭教師の場合、相性が悪いと感じたら他の先生に依頼しなおすことも可能です。

不登校状態のお子さんは、精神状態が弱っていることが想定されます。そんな時だからこそ、自分と気が合う、波長が合う先生との出会いが大切です。先生を選べる家庭教師という学び方は、この点において大きなメリットがあり、敢えて家庭教師を選択するケースも多いのです。

 

安心した環境で学ぶことができる

不登校になると、どうしても学習に遅れが生じます。自分で学習したつもりでも理解が浅く、分からない問題が増えてくることも考えられるでしょう。

そのような状態で学校や塾の一斉授業に参加すると、分からないことが多い上、先生にも質問できない状態になりがちです。その結果、ますます勉強が分からなくなり、学校や塾への足が遠のく負のスパイラルに陥ることも考えられます。

学習のフォローを家庭教師に受けていれば、理解できるまで質問することが可能です。仮に生徒自身が質問できなくても先生の目が行き届くため、生徒が躓いている箇所を見つけて指導してくれます。これは、自発的に質問できない精神状態にあるお子さんにとって、大きなメリットといえるでしょう。

 

自信を取り戻すための一歩に

不登校状態にあるお子さんは、自信を失くして落ち込んでいるケースが多い傾向にあります。「学校に行けない」ということが、お子さんに大きな影を落としているのです。

そんな時に、週に一回でも家族以外の第三者と接触を持つというのは、大きなメリットとなります。家庭教師とお子さんの間に信頼関係が構築されることで、次第にお子さんは家族には打ち明けにくい心の内を話すようになることも、多いようです。

一対多である学校では、どうしても先生との距離は大きく、周囲の目も気になるため自分をさらけ出すことができないお子さんでも、家庭教師の先生には何でも話しやすい傾向があります。

家庭に閉じこもりがちな不登校という状況で、家族以外の人と接点を持ち、遅れがちだった勉強を教えてもらい、褒めてもらう機会を得ることは、大きな意味があります。第三者から褒められるということは、大きな自信につながるのです。

 

不登校に寄り添う存在が健やかな心を回復する

不登校であることを、必要以上にマイナスに捉える必要はありません。今現在、心が疲れているから少しお休みをしている、という理解でいいのです。少しずつ時間をかけて回復する方法を選ぶことが、子どもにとって安心感につながります。

そのような状況において、勉強だけでも遅れることなく取り組めていれば、保護者の方にとっても大きな安心材料といえるでしょう。その上、子どもにとって家族以外の理解者を得ることにもなります。

閉塞的になりがちな不登校という状況下において、家庭教師という第三者の存在は、お子さんにとっても、家庭にとっても外の風を吹き込んでくれる刺激となるのです。