家庭教師で充実の中高一貫校生活を実現!

念願かなって中高一貫校に入学されたお子さんをお持ちのご家庭の次なる悩みは「どのようにして自宅学習を充実させるか」ということではないでしょうか。

中高一貫校で過ごす時間は、6年間をかけてじっくりと学び、次なるステップへ飛び立つための準備期間となります。

高校受験の必要がない中高一貫校のメリットを活かしながら、思春期という難しい時期をプライベートも学びも充実させるためには、効率的な学習のコツを掴むのが近道です。

家庭教師なら学校の進度に合わせた学びが実現できる!

中高一貫校は進度が学校によって異なるため、通塾でのフォローが難しいという点が大きな悩みの種となる傾向にあります。
「高校2年生までに、高校卒業までの学習をすべて終わらせる」
「高校1年後半までに、高校卒業までのカリキュラムを網羅する」
というように、学校によって進度がまちまちですから、一斉授業となる塾や予備校に通っても、お子さんが困惑してしまうケースが多々あります。

そのような時、家庭教師ならマンツーマンの完全オーダーメイド授業を受けることができますから、自分の学校の進度に合わせて学ぶことが可能です。

学校と塾のコミュニティが同じことがプレッシャーに

学校によっては「○○高校内部進学クラス」というように、その学校の生徒さんに特化した塾も存在します。

ただ、学校の友人が在籍する塾で勉強をすることが、お子さんにとってプレッシャーになるケースもあり得るということも理解しておきましょう。周囲の目を気にせず、のびのびと学習したいタイプのお子さんには、自宅に家庭教師が指導をしにきてくれるスタイルは、ありがたいものといえるでしょう。

基礎固めが今後の学びを深めるための「鍵」

中高一貫校は基本的に学力の高いお子さんの集まりですから、授業のスピードが速く、難易度も高い傾向にあるといえるでしょう。

そのため「しっかり基礎固めをしたい」と思っていても、日々の課題や学習に追われ、復習に取り組む時間を自分一人で確保するのは難しい状況に陥りがちです。

そのような時、家庭教師は心強い存在となります。家庭教師は、一人ひとりが課題として抱えている問題を理解し、分析した上で生徒に合った授業を行いますから、効率的に弱点克服が可能です。

課題や小テストは効率よくこなす!

中高一貫校の場合、課題や小テストが多く、それをクリアするだけで日々が過ぎてしまうというケースも見受けられます。課題や小テストは、学力の基盤固めを目的としていますから、しっかりと取り組めばベースアップは可能です。

ただ、部活動や習い事と忙しいお子さんの場合、高難易度の学校課題や小テスト対策で日々の勉強時間が終わってしまうケースも少なくありません。

そのような状態では、学びを深めて成績アップさせていくのは難しいというのが現実です。

中高一貫校の場合、いかに効率よく学習を進めるかということが、学校生活を楽しみながら学力アップを図るために必要なポイントとなります。

 

家庭教師から学ぶことは、勉強だけではありません。効率の良い学び方や授業の受け方、テスト対策など学習に関すること全般のノウハウを、家庭教師なら個別に指導を受けることが出来ます。

学び方のスタイルを確立させることが、忙しい中高一貫校生活を充実したものにさせる大きな助けとなるのです。

プロ家庭教師・難関大学在籍家庭教師どちらにも良さがある

家庭教師には、家庭教師を生業としているプロ家庭教師と、学生による学生家庭教師が存在します。

  • 「年代の近い先生に、大学の話などを聞きながら学びを深めたい」
  • 「プロ家庭講師にしっかりと指導して欲しい」

家庭教師を依頼するご家庭には、それぞれの考えがあるでしょう。

そして、なによりも大切なのはお子さんとの相性です。ご両親が「プロ家庭教師にお願いしたい」と考えていても、自分とは年齢の離れた家庭教師の先生に心を開いて学ぶことが難しいタイプのお子さんもいるでしょう。

逆に、大学生の先生だと授業が楽しくなりすぎて、落ち着いて勉強に集中できないケースも考えられます。

 

お子さんの希望や、ご家庭の方針に近い家庭教師の先生と出会うまで、体験授業などを受けて吟味しましょう。

家庭教師センターでは、無料や有料の体験授業を受けられるところも多くあります。まずはインターネットなどで家庭教師センターをピックアップし、資料請求や問い合わせをしましょう。

その上で、体験授業をしてお子さんにとっても、ご両親にとっても納得できる家庭教師選びをしてください。

忙しい学生生活を楽しむ一助に

中高一貫校の学生は課題やテスト、部活に習い事と忙しい学生生活を送っている傾向にあります。そのような時、通塾時間が不要となる家庭教師という学習スタイルは、時短という意味でもメリットが大きな学び方といえるでしょう。

また、受験期は感染症の不安がある時期ですから、必要以上な外出を控えることが可能な家庭教師というスタイルは、安心・安全面でも大きなメリットある学習スタイルです。