家庭教師で発達障害をカバー!オーダーメイド学習支援

発達障害を持つお子さんをお持ちの家庭で、大きな課題となるのが家庭での学習支援です。得手・不得手のあるお子さんが学ぶべきカリキュラムをこなしていくには、家庭でのサポートは欠かせません。

教えるプロではない保護者の方にとって、それは大きな課題、負担となります。そういった問題をクリアにしてくれるのが「家庭教師」です。

 

お子さんに最適な指導を実現する「家庭教師」

発達障害にはADHDやLD、アスペルガー、自閉症などさまざまな種類があります。発達障害があるお子さんにとって、クラスで一斉に授業を受ける従来の学習方法では理解が難しく、場合によっては先生の話が理解できない、座って授業を聞いていられないなど、さまざまな問題を抱えているケースがあります。

そのようなお子さんにとっては、学校や塾などの一斉授業では勉強に遅れが出てしまうこともあります。

学習をフォローする目的で、タブレットを使用した学習を導入するケースもあります。ただ、発達障害のある・なしに関わらずタブレット教育はお子さんのタイプによって向き・不向きが分かれやすい傾向にある学習ツールです。

そんな時に、一対一でその子に合わせた指導をしてくれる家庭教師は、心強い存在となります。

 

「発達障害=勉強ができない」は違う

発達障害のあるお子さんは、勉強ができないというよりは、得手不得手が大きいタイプといえます。「発達障害=勉強ができない」と認識されがちですが、実際はその子に適した学習を提供できていないことが原因であるケースも多いのです。お子さんの特性を理解し、適した指導をすることで、その子の得意を伸ばしてあげることができます。

家庭教師のように一対一で指導を受けられる環境が整っていれば、その子の苦手分野についての学習をじっくりと進めることが可能です。苦手だと思っていた分野が理解できるようになると、本人の自信にもつながります。

自信を持つことで、そのほかの苦手分野に対しても積極的に取り組む姿勢を取り戻せることもあります。学習全体において、家庭教師の存在がプラスに作用することを期待できるのです。

 

また、得意分野を見つけて、それを引き出してあげることができるのも、家庭教師のメリットです。「勉強が苦手」と思い込みがちですが、発達障害を持つお子さんは、得意分野に対してはズバ抜けた能力を発揮することもあります。

一対一だからこそ可能な細やかな指導で、そのお子さんの得意を導き出すことも可能です。

 

子供によって指導内容が大きく変わる

発達障害のお子さんの学習支援を行う場合、マニュアルに沿った指導を施せばいいとはなりません。お子さんによって、指導の仕方が大きく変わります。

最近では発達障害のお子さんを対象とした家庭教師センターも増えていますので、発達障害に理解のあるセンターから家庭教師を派遣してもらうのも、一つの方法でしょう。

 

発達障害があるお子さんが家庭教師で学ぶメリット

発達障害があり、友人関係がうまくいかないなどの問題を抱えていて、勉強にもついていけないとなると、お子さんもそのご家族も自信を失くしてしまう傾向にあります。

「せめて、勉強だけでも追いつくことができれば」と考える家庭も多いでしょう。そのような場合、家庭教師は解決の糸口になることが期待できます。

 

周囲の目を気にせずに学ぶことができる

発達障害があるお子さんは、授業で先生が言っていることが分からなくても、質問ができないケースが多いようです。そんなお子さんにとって、自宅で人の目を気にすることなく質問できる家庭教師という学び方は、安心できる環境といえます。

一対一で、自分のペースに合わせて教えてもらうことができるというのは、理解に凸凹があるお子さんにとっては、ありがたいポイントです。

 

子どもの興味を引き出してもらえる

発達障害があるお子さんは、勉強に対する理解が低いだけでなく、学習意欲も低い傾向にあります。家庭教師の場合、じっくり話をする時間を持つことも可能です。お子さんの興味を引き出し、上手に誘導することで、勉強へのモチベーションをアップさせてくれる効果が期待できます。

集団授業である学校や塾とは違い、個人的な関係性を構築できる家庭教師というスタイルは、発達障害があるお子さんに大変合っているのです。

 

障害に対する理解がある

近年、発達障害に理解がある家庭教師センターも増えています。その場合、家庭教師がADHDやLD、自閉症などに対する知識を持っているので、特性を理解し、そのお子さんに合った指導や、進路指導などを受けることが可能です。

これは、単なる塾とは異なる、大きなメリットといえるでしょう。

 

先生との相性を大切にできる家庭教師という学び方

発達障害があるお子さんには、その子に適した指導をすることで、力を引き出してあげることが可能です。

また、学校生活や進路などの悩みを抱えている時に、家族、学校の先生以外の第三者的ポジションでアドバイスしてくれる家庭教師の存在は、本人にとっても、その家族にとっても大きな助けになります。