冬休みに学びの充実を図るなら、家庭教師がおすすめ

「長期休暇に、学力アップを目指したい!」とお考えのご家庭も多いのではないでしょうか。

特に、今年の夏は新型コロナウイルスの影響もあり、例年と比べて夏期講習受講を見合わせたご家庭が多い傾向にあります。

とはいえ、どうしても密な空間になりがちな塾に、感染症が流行する冬に通わせるのは心配という場合もあるでしょう。

そんな時に、短期間だけ家庭教師を利用することができたら、検討してみたいという方も多いのではないでしょうか。

今回は、短期間利用可能な家庭教師について解説します。

「短期講習対応家庭教師」という新スタイル

これまで家庭教師といえば、長いスパンで子どもの勉強を見てもらうイメージがあるのではないでしょうか。ですが、今の子どもたちは、昔と比べて忙しい傾向にあります。

そのような中、少しでも時間短縮するために通塾の必要がない家庭教師という学び方を選ぶご家庭も多くあります。

一方で、家庭教師といえども毎週のこととなると、継続が難しいケースも出てくるようです。

そんな時、せめて長期休暇だけでも家庭教師をお願いできないかと考える家庭も多いのではないでしょうか。

そのニーズに応えるように、最近では短期間だけでも利用できる家庭教師センターが増えています。「冬休みだけ家庭教師にお願いしたい」という希望も、叶えることが可能なのです。

「冬休みだけ」と区切りつけることができると分かっていれば、比較的気軽に申し込みやすいというのは大きなメリットです。お試し的なイメージで、申し込んでみるのもいいでしょう。

家庭教師という学習スタイルが子どもに合っていて、先生との相性も良い場合は、継続することを視野に入れるというのも一つの方法です。

冬休みは苦手克服を意識する

冬休み期間だけ受講を検討する場合、オーダーメイド学習が可能という家庭教師の特性を活かして、苦手強化を意識してお願いするようにしましょう。

漠然と「これまでの範囲の復習」と依頼してしまうと、家庭教師側も全般的に広く浅く確認していくため、深い学びにはつながりにくくなってしまいます。子どもが苦手とする教科や、該当する範囲を指定しておくと、効率よく学習を進めることが可能です。

家庭教師の先生にお任せするのも一つの方法ですが、保護者が子どもの苦手分野を把握し、指導を依頼することは、学力アップへの近道となります。

受講する前に、具体的に依頼したい内容を整理して、お願いするようにしましょう!

受験を直近に控えている学年の場合も、苦手分野克服に家庭教師を利用するというのは有効な手段となります。「直前期に、今さら新しい学習方法を導入しても」と思うかもしれませんが、直前の冬の取り組み方で結果は大きく変わります。

プラスアルファの存在として、家庭教師を併用することも検討しましょう。

長期休暇を利用して学習習慣をつける

学校がある期間中は、学校生活や習い事で時間的に制約を受けてしまい、これまでの復習や弱点克服に時間を割くのが難しい状況もあります。

冬休みという長期休暇は、年末年始を挟むため、学校の課題も夏休みと比べて少ない傾向にあり、自宅学習に取り組み、学習習慣をつけるには絶好のタイミングです。

その習慣づけに、定期的に家庭教師の指導が入ることは、大変有効です。

「先生が来るから、ちゃんとやろう!」という意欲向上にもつながりますし、マンツーマンでの効率のよい学習は、分からなかったことが分かるようになるという実感を伴います。

結果として、子ども自身の自信につながり、さらなるやる気を引き起こす原動力となるのです。

家庭教師をお試ししてみたい家庭におすすめ

家庭教師に勉強を見てもらいたいと気持ちがあっても、踏ん切りがつかないというご家庭には、冬期講習という形で家庭教師利用を試してみるのも一つの方法です。

家庭教師というと、自宅まで先生に来てもらうことをプレッシャーに感じるご家庭もあるでしょう。お試しで家庭教師を利用して、実際どのような感じか試せるというのは、そのような家庭にとっては絶好の機会といえます。

自宅に先生が訪問するとなると、家の掃除やお茶出しといった保護者の負担についても考えてしまうかもしれません。そこは実際に利用してみて、どの程度その負荷がかかるかを試してから、今後について検討するのもいいでしょう。

また、子どものタイプによっても、家庭教師という学習スタイルが向いているケース、不向きなケースが存在します。

周囲に友人がいて、切磋琢磨したいタイプなのか、落ち着いた自宅という環境で、じっくりマンツーマンで指導を受けた方が理解の深まるタイプなのかを見極めるためにも、家庭教師の冬期講習利用は有効です。

子ども自身も、実際に試すことができるというのは、大きな安心感につながります。

コロナ禍でも安心の家庭教師スタイル

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、できるだけ外出は控えたいという家庭において、家庭教師の先生が自宅まで来て勉強を見てくれるというのは安心さがある学習スタイルといえるでしょう。

コロナに限らず、冬場は感染症の流行期でもあります。特に、受験を控えている学年の場合は、感染症に対してより慎重になる時期です。

家庭教師は、あらゆる意味でより安全・安心してオンリーワン指導を受けられる学習スタイルといえるでしょう。